Welcome to

Throughout History

みんなが知らない!とても便利な心療内科活用法

  • Post By:
  • Date:

その1ドクターを相手にストレス発散しよう。

心療内科の診察ではドクターの問診がメインとなります。精神状態にもよりますが、ドクターは患者様の話を支持的に聴きます。生活の愚痴を聴いてくれるドクターもたくさんいます。その上で、ストレス発散法やストレスのかわし方を教えてもらえる場合もたくさんあります。ドクターによっては、生きていく上で必要な生活の知恵を授けてくれる場合もあります。せっかく心療内科を受診したのであれば、このような事をドクターに聴くようにしましょう。

その2デイケア活用法。

心療内科によっては精神科デイケアをしている場合があります。様々なプログラムをしており、娯楽から就職支援までしています。中には温泉レクなどを行っている場合もあります。そして何よりのメリットは医療費が自立支援医療費の中に入る事があります。経済的な面を楽にするだけで、心理的に楽になる場合が多いです。低所得者だと、毎日デイケアに通所しても2500円になる場合もあります。夫が通常の会社員で奥さんが通所した場合、月に一万円で通院と昼食費が出る場合もあり、かなり経済的な面でもオトクにもなりますよ。

その3障害福祉サービスを活用しよう。

心療内科に通院している場合には、なかなか仕事に就けなかったり、家事が難しかったりします。そのような場合な障害福祉サービスが利用できる場合があります。障害福祉サービスの従業員は精神科に精通しており、ドクターと一緒に治療プログラムに参加していきます。デイケアよりもより一般社会に近い場面での訓練が可能となります。就労継続支援だと就労訓練、家事援助だと家事の訓練を精神科的な関わり方をしながら行っていきます。

うつ病や様々な心身症についてお悩みの方は、岡山の心療内科で治療しましょう。名医がそれぞれに合わせた治療を選んでくれます。