Welcome to

Throughout History

利用しないと損になる!?ふるさと納税のメリット

  • Post By:
  • Date:

地方自治体の活性化につながる

ふるさと納税の仕組みは、自分が応援したい地方自治体に対して寄付をすることで、そのお金をその地方で有効に使ってもらうという制度になっており、応援したい地方自治体があれば、その地方に対して資金面での支援が可能になります。子育て支援や社会福祉制度の拡充、街づくりのための資金として使ってもらうことで、その地域の活性化につながります。自分の故郷にこだわらず、どこの市町村に対しても寄付できる制度ななっていますので、社会貢献の意味でもメリットがあります。

所得税や住民税が還付される

ふるさと納税で寄付したお金は、基本的に確定申告をすると、翌年の住民税から控除され、所得税の還付も受けられるというメリットがあります。これは、寄付金の額から2000円を差し引いた金額が還付される額になっていますので、年間10万円ふるさと納税をした場合は、98000円が還付されるということになります。自己負担が2000円で、地方自治体に寄付できる制度になっていますので、日本全体に対して経済的なメリットがあると言えるでしょう。

特産品で生活費を節約できる

ふるさと納税で地方自治体に寄付をすると、見返りとして感謝状や特産品をもらえる場合があり、牛肉や豚肉、魚介類、家電製品や工芸品などの特産品が贈られてくる点が魅力となっています。地方自治体によっては何回でも寄付を受け付けている地域があり、毎月一定額を寄付すると、その地方の特産品である野菜やお肉などがもらえますので、生活費の節約にしている家庭も珍しくありません。2015年からは寄付できる上限額が増えていますので、一般的な家庭でも寄付できる条件が揃っています。

ふるさと納税のポータルサイトでは、各地方自治体の贈答品情報がリアルタイムで表示されており、ポータルサイト経由で寄付申請も行えるようになっています。